ノイズ考vol.1ケーブル

アンプ直結の場合、ギターとアンプを除けば、工夫できるのはケーブル(シールド)だけです。

■ノイズとケーブル

ペダル(エフェクター)を使う場合は、ギターにつなぐほうに、より質の良いケーブルを使います。面倒な言い方をすれば、ハイインピーダンスの信号が「最初にバッファーが組み込まれたペダル」に入って、ローインピーダンスに変換されて出てくるまでのケーブルですね。ローインピーダンスに変換された後は、ノイズを拾いにくくなるので、少しだけ気を抜いても大丈夫です。

ちなみにトゥルーバイバス(オフ時にエフェクト回路を通らず、そのままで出力される)のペダルは、オフにすると、ハイインピーダンスのまま信号を次に渡すことになるので、その後のケーブルもケチれないことになります。

■ドレを選べば良いのやら

で、いざケーブルを選ぼうとすると、多種多様なブランドや商品が出回っていて迷います。そして、多くの「ジャズ仕様」として売られているものは、とても高価です。どこまで信じていいのやら。

こんな時は「極端な安物は買わない」ルールの適用。実奏比較をしていないので、なんとも言えませんが3m¥5,000-6,000くらいが相場かな。それ以上高価なケーブルがどれだけ有用かは分かりません。上級者になってから検討しても遅くないはず。

あまりケチらないほうが良いと思うのは、素材よりも、ハンダとか巻き加工とか、どれだけ丁寧に正確に作られているかが大切な気がするから。手間が掛かることには、それなりに価格が乗ってきます。

ただし、ブランド名だけでヤケに高いケーブルもあり、有名ブランドだからハンドメイドメーカーだからといって、安心な訳でもない。ここはネットでの情報収集や、実際に使ってみての経験値が頼りかな。

お店の店員さんに尋ねるのはオススメしません。聞く側も、答える側も、内容を理解していない不毛なヤリトリになりがちです。どなたか、フルアコの周波数特性とケーブルとの関係を優しく解説してくれないかしら?(音楽的にはヤボな発想?)

■長さについて

長さは必要最小限が望ましい。不要な長さは、それだけノイズを拾うリスクも大きくなります。ファッション性を重視した螺旋状ケーブルも売られていますが、ノイズの観点からすると避けたほうが良さそうです。

私の場合、ジャズにしてもファンクにしてもステージを歩き回ることはないので、3mを基準にしています。ジャズ限定だと、もっと短くいけるかもしれませんね。

■特性について

特性的には生音を素直に出してくれるもの。可能ならば色々と購入して比較検証するのが良いでしょう。私のように、聴き分ける力や懐に自信がない方は、ネットの商品説明を見て比較したり、先輩ギタリストに聞いたりするのかな。

■太さについて

太さについては、品質重視であれば、あまり関係ないのかもしれません。何人かのプロのギタリストとも話をしましたが、細めを選んで使っている方が多いように思います。当然、細いとノイズを拾い易くなるので、品質的に信用できるモノである前提です。

私の主観だと、ギターからの出しケーブルは、しなやかなもの。細いケーブルは物理的な折れや擦れに弱いということはあるでしょうが、音質が大丈夫なら、細く、しなやかなケーブルを選びたい。一方、ペダルボードからアンプに繋ぐケーブルは、シッカリした太めのもの。後はお好みで。

■私の場合(ひとつの事例紹介として)

私がメインで使っているOvaltone Darkhorseは細め、MONSTER M JAZZ-12は太めです。

音質としなやかさの配慮から、Ovaltone Darkhorseをギターからのケーブルに充てています。MONSTER M JAZZ-12はボードからアンプまでの接続。ガッチリしたケーブルなので、取り回しより丈夫さを優先する意図です。

・Ovaltone Darkhorse 3m (¥5,500、2017/05)

DARK HORSE

・MONSTER M JAZZ-12 ※廃盤(新しい商品が出ています)
http://allaccess.co.jp/monster/

■ケーブル選びより、大切なこと?

正直なところ、オーディオの世界に比べて、楽器ケーブルについては、グリグリに追求する必要はないかな、と思っています。

気にするとしたら、やっぱり、断線とノイズ。これが最大の留意点かな。後は取り回しやすさ。そして、クリーントーンを素直に出してくれる、クセのできるだけ無いもの。

深い追求はしなくとも、頻繁に買い換えるモノでもないでしょうから、ケチらないで安心できるモノを選んでおきたい。特性の違いについては知識として知っておきたいところではあるので、いづれ、お詳しい方にヒアリングしてレポートしたいと思います。

忘れがちながら重要なポイントとしては、使った後、キチンと「8の字巻」にして、安全に保管管理すること。特に運搬時も、傷や圧が掛からないように配慮を。

私は100円ショップで購入した半透明デカファスナーパックに収めるようにしていますが、なんでも良いと思います。断線やノイズなどのトラブル防止には、この使っていない時のケアがとても大切ですね。

ではでは今回は、そんなところで。

【ご案内】twitterにて記事の新着をお知らせしています。https://mobile.twitter.com/jazzguitarnote

One comment to “ノイズ考vol.1ケーブル”
  1. Pingback: ケーブル選び❶ 愛せる作り手を選ぶ | ジャズギター寄り道ノート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です