機材バッグ

最近のギターケースはとても機能的です。それなりに値も張るけれど、軽くて丈夫、収納力もタップリ。メインポケットには黒本やケーブル。ネック部分のサイドポケットには予備弦・弦交換用ペンチ・雨カッパ(ギター用)など。結構入ります
,

達人に聞く vol.11 佐津間純さん

5ケ月ぶりの「達人に聞く」インタビューです。人それぞれの考え方やアプローチが聞けて、私自身も楽しみにしている連載。ゆるりと再開してゆきたいと思います。 横浜・神奈川エリアは、ギタリストの層も厚く、市場を支える演奏場所やリ
,

基本のキvol.2 スイングを科学する?

ジャズを演る人に、理系・医師が多いのは良く耳にする話。今回ご紹介する本を執筆された井上さんも、お医者さんの仮面を被ったジャズピアニストだそうです。 ノリを科学的に解析するアイデア自体は、理系演奏家ならば、多少なりとも発想

基本のキvol.1 スイングとは?

今回のテーマは「寄り道ノート」最大級の難関、「スイング」です。 ファンクで毒された身体から、ジャズモドキを紡ぎ出すのに苦労している私が、迂闊に「スイングとは」などと語ろうものなら、間違いなく刺されてしまいます。という訳で
,

作譜vol.1 読みにくい五線譜

なんと前回記事から3ケ月近くも経ってました。実は急ぎ克服すべきギター課題が出てきまして、その対応に時間を取られてました。もう少しで、最初の関門くらいは乗り越えられそう。巷のセッションが本格稼働してくる頃までには、なんとか
,

iPadとジャズギター vol.6 映像ナシの生演奏

私が中学生の頃は、FMラジオが貴重な情報源でした。お気に入りの番組をカセットテープで録音して、ダブルカセットデッキで編集したり、テープを切り貼りしたり(磁気テープを切ってテープで貼り合わせる)。涙ぐましい努力してたなー
,

iPadとジャズギター vol.5 リハ録に外付けマイク

前回「iPadとジャズギター」の連載で「リハーサル録音」について触れました。今回はその続編。iPadを使ったリハーサル録音に、外付けマイクが有効かどうかを確認したいと思います。 先に断っておきますが、ライブ本番の収録や音
,

達人に聞く vol.10 高免信喜さん

久しぶりですね、達人に聞くシリーズ。第10弾は高免信喜(たかめん のぶき)さんです。 まず寄り道的な話題から。 当たり前のことかもしれないのですが、私の場合、過去のジャズ界の偉人に学ぶ姿勢と同等に、いま活躍しているギタリ
,

iPadとジャズギター vol.3 VHS教材がiPadで甦る

動画の視聴環境がデジタル化し、ホント便利になりました。 ・ネットで簡単に、教材コンテンツをDL購入できる ・YouTubeで世界中の無数の素材にアクセスできる ・ソフトパッケージの収納場所に困ることもない ・再生機器の持
,

長風呂でギター三昧

いよいよ年末年始休暇に突入、絶好の進化タイムです。寝正月の誘惑を断ち切るためにも、早めに課題の設定とともに練習メニューを組んでおきたいところ。 ギターの練習には集中力が必要です。集中力が切れかかった状態で練習しても、ほぼ

イパネマ DbとGbどっち?

どうでもいいことを思いつくと嬉しくなります。寄り道病です。 「イパネマの娘」Bセクションにアドリブを乗せた際に、セッションによって(=構成メンバーによって)、気持ち悪い響きとなる事が幾度かありました。何故だろうと解析して
,

iPadとジャズギター vol.2 データ管理

ジャズギター習得にあたり、多くの方が「データ管理」をします。もちろん目的は、整理のためでなく、データを活用するためです。 iPadは、その補助ツールとして重宝します。  少し前までは、私も含めてほとんどの方が「紙」での整
,

達人に聞く vol.9 小沼ようすけさん

達人インタビュー9人目は、小沼ようすけさんです。 私の中で小沼さんといえば、ジャズ枠に囚われていない自由な人の印象。とかく難しいことを難しく聞かせたがるジャズにあって、美しさとかカッコ良さとか、当たり前のことを大切にして
,

iPadとジャズギター vol.1 スペック

iPadとApple Pencilを買いました。iPad AIR第3世代(2019)、私にとっては3枚目のiPadになります。 iPadシリーズはパソコン史上において革命的な商品、ジャズギター習得にも有効です。なんと利子
,

達人に聞くvol.8 名取穣一郎さん

ジャズギター修行中で、HP「ジャズギター スタイル マスター」にアクセスしたことのない方はまずいないはず。今回はその発行者、名取穣一郎さんの登場です。テーマやステップごとに分かりやすく整理くださっていて、音源や楽譜教材も
,

達人に聞くvol.7 山田忍さん

今回は神戸在住の山田忍さんです。 その昔、山田さんが川崎から神戸に転居されるまで、長きに渡りご指導いただきました。当時のギター日記を読み返してみたら「練習不足に加えインプットが少ない、と指導あり」という記述が。確かに仕事
,

教則本 棚卸 vol.5 竹内一弘さん 実践本

梅雨時分は身体がだるくて、ヤル気が出ません。 折角、今日は公私ともに予定の無い休日だったのに、ギターを弾く意欲がわかず、鎌倉まで散歩に出てしまいました。来週末にバンドのリハがあって、新たに譜面を起こす宿題もあったのに。
,

達人に聞くvol.6 布川俊樹さん

お世話になった布川俊樹さんの教則ビデオを改めて見直したいのですが、デジタル環境に染まってしまった今、なかなか出来ていません。教則本や教則ビデオって、暫くして見直してみると、当時、難解で分からなかったことがスンナリ理解出来
,

教則本 棚卸 vol.4 水野正敏さん 本番力強化本

超亀足ながら、私のギター演奏力も上がってきているように思うのですが、今だにジャズセッションにはタメライがあります。 初見だったりテンポが限界値を越えると、オタマジャクシ読めず、コードチェンジに追いつけず、終いにはロストし
,

教則本 棚卸 vol.3 佐々木秀尚さん 本番力強化本

これを教則本と呼んで良いのかどうか分かりせんが、ライブやレコーディングに強くなるノウハウをまとめた本。インタビューでもお世話になった佐々木秀尚さんの執筆です。この度、電子書籍での販売が始まりました。 佐々木秀尚著「これで
,

達人に聞くvol.5 宇田大志さん

楽しく成長するためのコツを、達人な方々にお聞きするシリーズ。第5弾は、宇田大志(うだ たいし)さん。 YouTubeで宇田さんにお世話になっている方、多いと思います。そのチャンネル登録数は5万超、ジャズギターを扱うアカウ
,

ルーパーで遊ぶ

ルーパーを使って自分の演奏を客観的に聴くと、リズムのヨレやキレなど、気を抜いた時の酷さが、あからさまに分かります。音声録音より、ギターアンプから再生される分、リアリティがある感じ。伴奏やアドリブのトレーニングに、あると便
,

達人に聞くvol.4 宮野弘紀さん

楽しく成長するためのコツを、達人な方々にお聞きするシリーズ。第4弾は、私の尊敬するギタリストのお一人、宮野弘紀(ひろき)さんです。宮野さんをご存知ない方のために、まずは、いまの季節に相応しい「さくら」をご紹介。 最初にお
,

達人に聞く vol.3 菅野義孝さん

楽しく成長するためのコツを、達人な方々にお聞きするシリーズ。第3弾は「目からウロコ」のジャズギターシリーズで有名な菅野義孝(よしたか)さんです。教則本でお世話になっている方も多いはず。歌心に加え、ハーモナイズやタイム感を
,

達人に聞くvol.2 佐々木秀尚さん

楽しく成長するためのコツを、達人な方々にお聞きするシリーズ。第2弾は佐々木秀尚(ひでひさ)さんです。 ■始められない時、集中できない時の切り札 ・サラリーマン時代、平日は、ギター弾きたいのに弾けない。やっときた週末には、
,

達人に聞くvol.1 森孝人さん

楽しく成長するためのコツを、達人な方々にお聞きするシリーズ。第1弾は、私が行き詰まった時にお世話になっているMoriMusicTVの森孝人さんです。 http://www.morimusic.tv/ ■始められない時、集
,

教則本 棚卸 vol.2 矢堀孝一さん奏法本

このブログ、主に通勤電車などの隙間時間を使って書いているのですが、見返してみたら、最近は機材関連の記事ばかり。ジャズ弾く時は私も基本的にアンプ直結なのに。コレは明らかにジャズギターからの現実逃避です(笑)。寄り道もホドホ
,

教則本 棚卸 vol.1矢堀孝一さん理論本

上達しないジャズギタリストに、共通の特徴があります。 圧倒的に練習が足りないのに、忙しさや疲れを言い訳にして、真剣に時間を作らない。 自分の未熟さに焦り、神(紙)にもすがるつもりで教則本を買うも、使いきれない 。 遅々と

「整理病」にご注意。

先日、菅野義孝さんと言う方の1日合宿で、ギタリストが陥りやすい罠の話がありました。それは「整理病」です。 私は膨大な資料や音素材が散逸してしまわないように、また使いたい時に直ぐにアクセスできるように、様々な方法を組み合わ