桜材とE7一発

今年の横浜の開花は、例年より10日ほど早い。 週末から来週にかけて満開を迎えますが、いまはまだ、花見ドコロに行くのも憚られます。昨年の今ごろは、まさか年を越して、こんな事態が続くとは想像していませんでした。 昨年、近所の
,

ジャックのナットが緩んだら

なんとか無事に、サーバー移転が終わりました。 移転にあたっては、手間もお金も掛かり、SEの知人には随分と迷惑も掛けました。なによりギターの練習時間が削られて、本末転倒も甚だしい。あまりに精神的に疲れて、再び本記事を書き始

最軽量アンプを買い足す

自分専用の書斎やスタジオがあったり、家族に気がねなくリビングルームが使えたりすれば良いのですが、自宅で集中できる練習空間を確保するのも容易ではありません。そもそも近所との騒音トラブルを避けるべく、音出しが厳しい方もいらっ

JC-120 vol.3 アンプシミュレーション

4月7日に緊急事態宣言が出されて、2週間ほど経ちました。新たな感染者数の増加が横這いとなり、かろうじて感染爆発を防ぐことができている状態。宣言前は1ヶ月以上に渡り、実質的に野放しの状態だったので、勝負はこれから。有効な治

国産杉をギター材に使う?

先週、お仕事で、奈良県の吉野に行ってきたんです。 吉野には日本が世界に誇る、世界最古クラスの人工林があって、樹齢200年以上を含む杉の巨木が立ち並んでいます。 巨木の森と言えば、富士山の大沢崩れの横尾根でも見たことがあり

ハーモニクスでチューニングしてはいけない?

皆さん、ご存知でした? ハーモニクスによるチューニングの落とし穴。 ハーモニクスによるチューニングというのは、隣り合う5フレットと7フレットのハーモニクスを合わせていく、ご存知のアレです。そもそも私がチューナーにハマり始

JC120 vol.2 一瞬の迷い

JC-120にお世話になっている方は多いはず。必ずリハスタにあって、Fender Twin Reverbと並び、クリーントーンを出したい時の定番ですから。 <br /> 学生時代のサークル部室

倒産したDuncan

80年代中頃から、優美音響という会社が、Seymour Duncanピックアップの日本における輸入代理店を行っていました。合わせて「Duncan」ブランドのギター/ベースを製作販売していたのです。 当初、優美音響は門前仲

コンパクトなフルアコ

Ibanes「GB15TR」 まずは僭越ながら、所有ギターのご紹介から。言わずとしれたGeorgeBensonモデル。胴の厚みが薄く、ミディアムスケール(628mm)で、日本人体型にも馴染みやすいオススメのギターです。