革屋でピックケース vol.10

!!祝!!

いよいよ「ピックケース」の連載が、10本となりました。今回のピックケースでは、ピックだけでなく、紛失防止タグや家の鍵を一緒に運びます。

◼️(前置き)紛失防止タグ

紛失防止タグ、皆さんはご存知でしょうか?寄り道ノートでは、以前に、国産タグ「mamorio」を紹介させていただきました。ギターや機材の、忘れ物や盗難の防止に、効力を発揮してくれるツールです。

そして本年4月、アップルよりAirTagが発売されました。mamorioと比較してみましょう。

「MAMORIO RE」※電池交換可タイプ
・近くに専用アプリを起動しているユーザーがいれば、位置を掴むことができる。
・税込1個¥3,828-、5個セット¥13,640(=1個¥2,730-)
・サイズ:縦23mm×横36.5mm×厚さ3.7mm
・特徴:薄いので邪魔にならない。鉄道やバスの忘れ物センターにも受信端末あり。

https://mamorio.jp/re

「AirTag」※電池交換可
・近くにiOS 14.5以降を搭載したiPhoneがいれば、位置を掴むことができる。
・税込1個¥3,800
・サイズ:直径31.9mm×厚さ8.0mm
・特徴:多数のiPhoneユーザーの共助によって成立。圧倒的なネットワーク力。

https://www.apple.com/jp/airtag/

iPhoneユーザーのネットワークを活用して、居場所を探してくれるAirTag。他社と比較しても、圧倒的な機能優位性を持っていると言えるでしょう。AirTagも、機会みて試してみたいとは思いますが、暫くは存在控えめなmamorioで継続の予定です。

◼️連載初の「革」ケース

さて本題のピックケース。これまで紹介してきたケースは「ブリキ(缶)」ばかりだったのですが、初の「革」製品の登場です。

https://jazzguitarnote.info/category/pickcase/

これには必然的な理由があって、紛失防止タグを金属缶に閉じ込めてしまうと、電波が届きにくくなり機能しなくなってしまうのです。

本来はコインケースとして売られています。

「RafiCaro コインケース」
・本革、キーホルダー
・¥1,184(税込)

私が購入したのはグリーン(かなり黒に近い。写真参照)。他にはレッドとブラウンがありました。

革製品のなかには、ピックケースとして売られているモノも散見されたのですが、デザイン的にシックリきませんでした。

◼️革ピックケースで運ぶモノたち

同梱するもの:ピック、100円玉×3枚、紛失防止タグ、家の鍵

100円玉3枚は突発的なドリンク代を想定して。500円玉も試したのですが、外にモッコリしてしまうため諦めました。紙幣を折りたたんで入れておくこともできます。

写真に写る白い物体は、元々入っていたスタイルフォーム材です。中身が動かないように、カッターで小さくして、入れてあります。

黒い札状のものが紛失防止タグmamorioです。薄くて場所を取らないのがgood。

◼️最後に(編集者から)

既に様々なバッグに、ピックを入れたブリキ缶ケースを忍ばせてあり、これ以上の備えは必要ありません。革のケースを使ってみたかっただけの購入です。ちなみに、ストラップは迷いなく革派。やっぱり革って魅力的。今後また、革モノを追加するかもしれません。

緊急事態宣言も解除となり、これから徐々にセッションやライブも復活してくるはず。お互いにギターや機材の盗難や忘れ物、気をつけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です