ペダルボード❹もっと荷物を減らしたい

この週末、群馬県の高崎で集まる予定があったのですが、コロナ再流行が原因で、急遽、延期になってしまいました。いつになったら、私たちは、この不安定状態から解放されるのでしょうか。

前回、久しぶりにペダルボードの記事を書きました。ファンクバンド用からジャズセッション用に、ボードサイズを半分に工夫した顛末のレポートです。

「ペダルボード❸ 荷物を減らしたい」
https://jazzguitarnote.info/2022/10/15/pedal-board-3-half-size/

この記事で紹介させていただいたボードは、自宅から徒歩で通っているジャズセッションで使います。このセッションは、音楽スタジオのオーナーが、「練習会」と称して月1ペースで主催してくださっていて、スタンダード曲以外も含めて、様々な未知の楽曲にチャレンジできるんです。またセッション中、メンバーの入れ替えがないので、機材を広げっぱなしにでき、演奏も機材も色々と試すことができます。本当にありがたいことです。

一方、巷のクラブで開かれているジャズセッションでは、かなり状況が変わってきます。1曲ごとにメンバー交代がある前提なので、そもそもペダルボードを持ち込める空気じゃない。また初対面な方々との手合わせなので、チャレンジすぎた出音も招かねざる客です。そうした常識対応にも言及しておくべきと思い、今回、記事を上げておきます。

◼️さらなる機材のスリム化を

殆どのジャズセッションでは、1-2曲演奏する度に出演者が入れ替わるため、自分の順番が回ってきたら、マイギターを店のアンプに挿し、終わったら抜いて席に引っ込みます。演奏する側も、登壇や交代をスムーズに済ませるため、アンプ直結で済ませたい。とても合理的で、理に適ったシステムです。

今回、メインをフルアコからセミアコに切り替えたことで、出音を補正するペダルを接続する必要がありました。出番がくる度に、毎回、ペダルごと繋ぎ直すことになるので、サクッと組める仕様でなければなりません。また多くの小屋の演奏スペースは狭く、ペダルやアンプを広げられる面積も極小です。

様々な理由から、メンバー入れ替えが前提のジャズセッションでは、可能な限り、スリムな構成に収める必要があります。

◼️自分のアンプを持ち込んでみる

電気ギターの場合、ギターからアンプの出音まで含めた全体をもって、ひとつの楽器です。アンプとペダルまでセットで持ち込めたら、お店のアンプ状態に左右されない、ある意味、安心なシステムとも言えます。

このとき、アンプの出力は重要です。ギリギリではダメで、出力に余裕があるアンプでないと、ハリのある音が出ません。ジャズクラブならば50W以上は必要。100Wあると安心です。PAが入るホールやライブハウスの場合は最低100W以上は欲しくなる。

小屋に備え付けアンプで事足りるなら、それに越したことはないのですが、あえて今回、ZT LunchBox Jr. を持ち込みんでみました。弁当箱サイズながら出力は100W。自宅での練習に毎日使っているので、小屋の状況に合わせての現場調整にも不安がありません。

PHIL JONES BASS CUBという佐々木秀尚さんから譲っていただいた、出力もあって気持ち良いクリーンアンプも大切に所有しているのですが、手運びするには、ちょいと重く断念しました。

余談ながら、ZT LunchBox Jr.はモディファイ(改造)していて、音量を上げても、歪まないクリーン回路を入れています。下記写真のGAINツマミの上のスイッチで、青シールの方に倒すとクリーン回路になります(かなり重宝しています)。

「ZT Lunch Box Jr.改造」
https://jazzguitarnote.info/2018/12/30/zt-lunch-box-jr/

◼️パッケージングした状態

ケースに入れた状態はコチラ。写真の下部分にZT LunchBox Jr.が収まっています。

上蓋部分にペダル3個を入れてます。また、ペダル電源コードなどは、まとめて小袋に収納してあります。

今回の記事は、ボードケースを無くし、ただペダルを並べて使うだけの話。必ずしも、アンプを持ち込む必要もなく、ペダル1個のこともあるので、その時々で運び方は変わります。

どんなペダルを繋ぐかは、各自の好みや事情で選べば良いのですが、ZT LunchBox Jr.にリバーブツマミが付いていないため、この時は、ブースター、リバーブ、ペダルチューナーの3点を選んでいます。時間や広さに制約あって、3台並べることすら憚られる場合は、クリーンブースター1択で対応します。

◼️ZT LunchBox Jr.の特徴を活かす

ZT LunchBox Jr.を使う大きなメリットがあります。実は背面にセンターマイナス9Vのペダル用出力端子を備えているのです。

最大500mAまで供給できるので、数個のペダルを繋ぐ分には、容量の心配はありません。つまりパワーサプライを持ち込む必要がないんです。できるだけ足元をスッキリさせたい、という状況においては、大きなメリットです。

裏から見た参考写真です。アンプから電源ケーブルを2又に分けてリバーブとペダルチューナーに入れて、チューナーからブースターにパラって繋いでいます。

電源由来のノイズに関しては、デジタル機器を使っていないこともあり、気になるレベルではありませんでした。

◼️アンプからの9V確保が厳しい場合

配置場所の制約などから、ZT LunchBox Jr.から電源を引っ張ってこれない場合は、9V電池も持参しておくと安心です。なお、いちいち裏蓋を開けて電池交換するのが面倒なので、私はプラモデル用の電池ケースを持ち歩いています。電池交換が面倒くさいな、煩わしいなと思っている方にはオススメです。

この外出しバッテリを用意しておくと、電池を組み込めないペダルも、単体で利用が可能です。代わりに12Vを要するペダルは厳しいです。

◼️最後に

先月、横浜市内にあるジャズクラブセッションに、大学のサークル先輩(ドラム)をお誘いして参加してきました。ライブを聴きに伺ったことはあったのですが、セッションは初めてのお店。セミアコによる一般セッションへの参加も初めて。演奏でご一緒した方々も、皆さん、初めましての人たちでした。

セッションが始まるまでの待ち時間。他の方々が声かけ合ったり談笑しているなか、新参者には、チラリと一瞥あるだけで、声が掛かることは殆どありません(どのお店も似たり寄ったり)。またセッションの作法も、少しづつ、お店によって違います。分からないことは聞いたり察したりして、慣れていくしかないですね。

そんな場に、今回のイレギュラーなセットを持ち込んでみました。ちょっぴり緊張が伴いましたが、結果は予想通りの出音が得られて、満足できる結果となりました(演奏自体は毎度のことながら、課題満載でしたが)。

今回の記事、連載「ペダルボード」に入れてしまいましたが、正確にはボードまで組まないで済ませる方法でした。アンプまで持ち込むかどうかは選択あるとして、巷のジャズセッションにおいては、現実的な対応でしょう。ペダルを使うコダワリ、ペダルを使わないコダワリ、どっちもアリなところも、ジャズは面白いです。

今回も最後までお付き合い、ありがとうございます。

【ご案内】twitterにて記事の新着をお知らせしています。https://twitter.com/jazzguitarnote

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です