ギターにもレインコート

今日の首都圏は雪模様です。

雨の日、雪の日に、ギターを持ち出すのは原則禁止。普段なら迷わず自宅待機です。がしかし、最近、セッションに行けてない焦りも募り、今日は出掛けることにしました。

セッションの会場は横浜の関内エリアが多く、クルマで向かうと駐車場代も高いので、行き帰りには路線バスを利用します。出掛ける時は一時、雪も止んでいたのですが、セッションが終わった16時には、再び雪が降り出しました。

そこで装着したのが、ギター用のレインコート(雨合羽)。一応、私が使っているギターケースは防水仕様なのですが、このレインコートを着せると安心度合いが違います。

(表)

(裏)背負えるように開いてます。

ケースの横にジッパーが付いていて、手提げ部分だけ出しておくことができる

特筆すべきは、内側に専用の袋が付いていて、折り畳んでコンパクトに収納できること。天気が怪しいときにはギターケースのポケットに忍ばせておける。何気に実用性高い。

内側に収納袋がついています。

専用袋に収納したところ

ギターケースのポケットにスッポリ

Noah’sark (ノアズアーク)NRC-Acoustic
アコースティックギター用ケース
¥1,922-(2019/02/09,SoundHouse)

 

【ご案内】twitterにて記事の新着をお知らせしています。https://mobile.twitter.com/jazzguitarnote

One comment to “ギターにもレインコート”
  1. Pingback: 機材バッグ | ジャズギター寄り道ノート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です