,

JC-120 vol.3 アンプシミュレーション

4月7日に緊急事態宣言が出されて、2週間ほど経ちました。新たな感染者数の増加が横這いとなり、かろうじて感染爆発を防ぐことができている状態。宣言前は1ヶ月以上に渡り、実質的に野放しの状態だったので、勝負はこれから。有効な治
,

ガットギターvol.2 演奏家には釣り名人が多い

新型コロナウイルスの感染が拡がっています。ジャズのライブやセッションも、軒並み、延期や中止に。暫く厳しい対応を強いられそうです。 早くライブやセッションが、以前のように開かれることを切に願います。また、コレを機会に、有料
, ,

Hotoneワウペダルvol.2 進化型 応急処置

今日は雛祭りの日。よく晴れて気持ちの良い天気ですが、世の中的にはモヤモヤした状況が続いています。コロナ騒動の収束とともに、深刻な不景気に突入しないことを祈ります。 ・・・ 少し前にHotoneワウペダル「VOW PRES
,

理論書にも載っていないスケール?

この寄り道ノートでは、あえて「理論」の中身には入り過ぎないようにしています。理論に関しては、素晴らしい教則本・教則サイト・教則動画が沢山出ていますからね。ただ「理論書にも載っていない理論」となれば、話は違ってきます。そん
,

ファンクとジャズ、ピックは併用できる?

最近、ピック変えたんです。 Fenderオニギリピック(EXTRA HEAVY)から、JIM DUNLOP ULTEX JAZZ III XLに。 ■深刻な課題、右手フォームの改善に 演奏技術の大きな壁を克服するために、
,

名工に聞くvol.1 山岡則正さん

今夏、何年かぶりに岡山を訪ねました。岡山県の倉敷が私の生まれ故郷なのですが、もう実家も引っ越していて、なかなか行く機会が無かったんです。 中学生でギターを始めた頃は、ブライアン・メイ、ジェフ・ベック、リッチーブラックモア

ハーモニクスでチューニングしてはいけない?

皆さん、ご存知でした? ハーモニクスによるチューニングの落とし穴。 ハーモニクスによるチューニングというのは、隣り合う5フレットと7フレットのハーモニクスを合わせていく、ご存知のアレです。そもそも私がチューナーにハマり始
,

Chuck Brownの命日に

今日5月16日は、私が教祖と仰ぐミュージシャン、Chuck Brownの命日(2012年に75歳にて没)です。彼はワシントンDC発祥のファンク「ゴー・ゴー」の生みの親(The Godfather of Go-Go)として

JC120 vol.2 一瞬の迷い

JC-120にお世話になっている方は多いはず。必ずリハスタにあって、Fender Twin Reverbと並び、クリーントーンを出したい時の定番ですから。 <br /> 学生時代のサークル部室
,

A/Bボックスで遊ぶ

横浜西口でリハの場合、私は自宅からスタジオまでバスで向かうのですが、その日、ちょっと考え事をしていました。そしてリハ部屋に着いてから、ペダルボードを自宅に忘れてきたことに気がついたのです。   ジャズのセッショ
,

ルーパーで遊ぶ

ルーパーを使って自分の演奏を客観的に聴くと、リズムのヨレやキレなど、気を抜いた時の酷さが、あからさまに分かります。音声録音より、ギターアンプから再生される分、リアリティがある感じ。伴奏やアドリブのトレーニングに、あると便

クリーンブースター❷ovaltone3種盛り

今回のテーマはブースター(第2弾)。 このブログはジャズギターが主テーマなので、機材周りの記事が多いのも如何なものかと思いつつ、楽しく「寄り道」するための話題提供ということで、ご容赦を。 多様なブースターが市場に出ていま
,

ノイズ考vol.4 パワーサプライ

「ノイズ考」連載の最終回、パワーサプライです。 ジャズセッションの場(ジャズクラブなど)では、あまりギタリストのペダル(エフェクター)電源まで配慮されていません。ギタリストにしても、曲ごとの選手交代で、AC電源の確保にバ
,

ボード試行錯誤 vol.2 材料費¥1000で遊ぶ

前回「ケースの無いボード」をご紹介しました。寄り道的にはケース無しが理想です。ただ残念ながらケース無しではペダル2-3個が限界。より多くのペダルを扱う場合は、別の方法を考える必要があります。 どうしようかと思いながら機材

クリーンブースター❶太い音を作る

各社から様々なクリーンブースターが出ていて、WEBやYoutubeで特集記事も見かけますね。やや効果が分かりにくく、ギターリストが陥りやすい機材フェチの一面があることも否定しませんが、クリーントーンだから気になるんです。

ノイズ考 vol.2 ペダル(エフェクタ)

ペダル(エフェクター)とノイズ。 個々のペダル(エフェクター)のノイズについては、比較評論できるだけの知見がないので、ココでは広く浅く備忘録を残しておきます。 ■ 早めにバッファード・ペダルを通す 多くのギターはノイズを