快適な譜面台を探す

ジャズの場合は、楽譜を見ながら弾くこと多いですよね。セッションでは初めて見る曲を、楽譜に齧り付き、冷や汗かきながら弾くこともしばしば。

先を走るギタリストからは「楽譜に頼っているうちはダメだ」とお叱りを受けることもあり、依存しないで弾ける状態を目指したいところ。ただ暫くは楽譜無しでは、演奏も成立できそうにありません。

楽譜を見ながら弾く上で、やはり譜面台が欲しくなります。リハスタやセッション場には、ほぼ100%常備されていますが、ライブハウスや屋外演奏では常備がなく、持参しなければならないこともあります。あと必要になるのは自宅練習時ですね。

■譜面台を選ぶ

譜面台といっても、多種多様な商品が出回っています。楽器店でもネットでも、種類がありすぎて目移りしてしまう。皆さんはどんな譜面台を使っていらっしゃるでしょうか。

この手の道具は、やはり場面によって求める機能が異なります。最近はiPadにデータを入れて、フットスイッチや、カメラ認識でページをめくってくれるモノもありますが、今回は紙の楽譜を前提にしておきます。

■ゴッツい譜面台は使いやすい

(1)用途
使いやすさで言うと、リハスタやホールに置いてあるような、譜面部分が板状になって、脚部分もガッシリしたモノが、重量=安定感があってダントツです。「自宅スタジオ(専用部屋)内で、持ち出さずに使う」方は、こうした譜面台が候補になってきます。

(2)参考視点
ある種、備え付け家具のような使い方になるので、安物は避けたほうが良さそう。特に自宅練習時は、気づきや注意点を譜面に書き込んだりすることが多く、筆圧に耐えられるよう、ガタガタしない強度・安定度が求められます。

(3)商品例
私は、このタイプの譜面台を所有していないのですが、リハスタ備品として馴染みのタイプです。下記は高さ調整のネジやレバーが無い優れものらしいのですが、流石にリハスタで見かけたこと無いですね。
マンハセット「M48シンフォニーモデル」

いい値段しますねー 自分スタジオ持てたら、コダワリたいなあ。

(4)参考
一家に一台と言いたいところですが、ギターアンプ同様、出しっ放しは邪魔になります。「自宅スタジオ(専用部屋)がない」「リハ・本番に持ち運ぶ」という方には、下記のような、譜面部分が折り畳めるものが適しています。お

■「安定感」優先

(1)用途
自宅にて、いちいち片付けず、出しっぱなし。ただし使わない時には、譜面を支える部分が折り畳めて、立てたままコンパクトに収めておけるモノ。

(2)参考視点
ほぼ毎日使うので、シッカリした安定感のあるモノを選んでいます。重量的には1-2kg程度。黒本くらいの厚めの本を2冊くらい載せても大丈夫。

(3)商品例(あくまでも1例として)
で、私が選んだのはコレ。
HERCULES BS050B 1.3kg ¥2,018(20161204/Amazon)

(4)備考
HERCULES(ヘラクレス)は各種楽器用のスタンドを出していますが、いづれも質実剛健な感じ。良い商品を出しているメーカーだと思います。折り畳めるシッカリした譜面台が欲しいなあ、という方。検討してみてください。

■「軽量」優先

(1)用途
屋内で風が吹かない場所での使用。バスや徒歩で持ち運ぶ必要がある場合。壊れやすいものは論外として、軽さを優先して選びたい。使わない時は収納しておく。

(2)参考視点
かつて市場商品の比較検討をした際(2016-2017年頃)のデータを読み返すと、持ち運び用としては400-700gくらいが対象になってくると思います。それでも軽いものと重いものでは、倍くらいの重量差があります。軽いモノを選びたいが、すぐ壊れるような商品は選びたくないですよね。

(3)商品例(あくまでも1例として)
で、私が選んだのはコレ。とにかく軽い!でも作りはシッカリ。
KCキョーリツMS-1AL 432g ¥1,382(20170329/Amazon)。
この時はセールだったのかしら。今は少し高くなっていますね。

折り畳んだ状態

(4)備考
驚異の432g、持ち運びが劇的に楽になります。紹介させてもらったヘラクレス譜面台の1/3の軽さ。楽器店で山積みされているようなアルミ素材の譜面台も幾つか所有していますが、これ知っちゃうと戻れません。騙されたと思って使ってみてください(笑)。

■編集者から

譜面台はやや存在感薄い機材ですが、長く使う道具でもあるので、ストレス少ないモノを選んでおきたいですね。私もまだまだリサーチ不足なので、オススメありましたら、ご紹介ください。

私は、何本か気に入らない譜面台をお蔵入りさせてますが、使ってみないと良し悪しも分からなかったりするので仕方ありません。今回、ご紹介しているタイプの譜面台など、必要に迫られ、アレコレ比較して発掘した代物。それもまた、楽しい寄り道です。

【ご案内】twitterにて記事の新着をお知らせしています。

https://mobile.twitter.com/jazzguitarnote

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です