iPadとジャズギター vol.3 VHS教材がiPadで甦る

動画の視聴環境がデジタル化し、ホント便利になりました。
・ネットで簡単に、教材コンテンツをDL購入できる
・YouTubeで世界中の無数の素材にアクセスできる
・ソフトパッケージの収納場所に困ることもない
・再生機器の持ち運びが可能、再生場所を選ばない
・VHS再生のように、物理的な早送り・巻き戻しが不要で時間短縮
・テープの劣化で支障が生じるリスクなし

一方で、VHSビデオ教材を見直すことが無くなりました。購入当時は通信環境もコンテンツも充実していなかったので、VHSビデオ教材は貴重な情報源だったんです。今以上に懐が寂しい時に買い貯めたものなので(今でも懐は寂しいままですが)、簡単に処分する気にもなれなくて。

ギターの上達に合わせて、私たちの視点や課題も変化します。過去にお世話になった教材は、改めて見返すと、今の自分に役立つ、新しい教えやヒントが必ず埋もれています。VHSビデオ教材も例外ではありません。特に動画の場合は、講義内容以外の部分にも(例えば、どんな弾き方してるかなど)、新しい発見があるかもしれません。

もちろん巷には、VHSビデオをデジタル変換してくれるサービス(ネットやショップ)があるのですが、元のビデオ価格より高かったり、ネットで新たにコンテンツを探したほうが早かったり、使い勝手が良いとは言えません。

今回、サンワダイレクトさんから、VHS教材をデジタル化して蘇らせてくれるツール、ビデオキャプチャーの実験機材提供をいただいたのでレポートします。

SANWA DIRECTビデオキャプチャー 400-MEDI029
https://direct.sanwa.co.jp/ItemPage/400-MEDI029

 

■布川俊樹さんの教材で実験

その昔、ビデオ教材でかなりお世話になった布川俊樹さんのVHSでテストしてみることにします。

(参考)https://jazzguitarnote.info/2019/07/05/toshiki-nunokawa/

ビデオキャプチャーで、VHS → MPEG4に変換する手順は下記の通り。操作はいたって簡単でした。

(1)設定画面で、時刻などの基本情報を入力
(2)VHSビデオデッキに接続
(3)USBメモリをセット
(4)デッキでVHSビデオを再生開始、キャプチャーの録画ボタンを押す
(5)デッキのVHS再生が終わったら、キャプチャーの録画を停止
(6)USBメモリを取り外す

難点を言えば、録画時間を短縮できないこと。デジタルのようにデータコピーできないので、デッキでVHSを再生させながら録るしかありません。こればかりは仕方ないですね。

 

■録った録画を確認

パソコンで録画状態を確認します。バッチリ映像も音声も録れてます。


布川さん、若いなあ。

 

■動画データをYouTubeにアップ(必ず「非公開」設定に)

動画データは30分で1G程度です。これをiPadやストレージに収めてしまうと、あっという間に容量いっぱいになってしまいます。そこでオススメなのがYouTubeの活用。

YouTubeのサイズ制限は128Gもしくは12時間以内となっています(初めての利用では15分の制限解除操作が必要)。教則ビデオは長くて60分程度でしょうから、容量制限で心配することはなし。これで料金掛からず利用出来るのは素晴らしい。

アップロードする作業は、アッという間です。デジタルの素晴らしいところ。

なお、アップロードする際に、絶対に守らなければならなのは「非公開」「個人利用に限定」です。音楽を嗜む身として、著作権の管理はキチンとしておきたいですね。

 

■長風呂で視聴ざんまい

YouTubeで再生してみます。

心配していた画質ですが、iPadの画面サイズが小さい分、テレビ(42インチ)での再生より、むしろキレイに見えます。音質は教則ビデオとしては、十分に合格点でしょう。

これで暫くは、長風呂コンテンツに困ることはないはず。楽しみが増えました。一度にキャプチャーできないので、時間ある時に、ゆるゆるコツコツとビデオを再生しながら取り込んでいくことにします。

 

■(参考)仕様
SANWA DIRECTビデオキャプチャー 400-MEDI029
https://direct.sanwa.co.jp/ItemPage/400-MEDI029

・約160×D73.5×H25mm(突起物除く)
・約160g(本体のみ)
・入力:S端子(ミニDIN4pin)、RCA映像+音声端子(L/R)
・出力: USB2.0、SDメモリーカード、HDMI
・液晶画面:3.5型
・対応入力解像度:720×480(480i)
・対応出力解像度:1280×720(720p)
・フレームレート:60fps
・サンプリング周波数:48kHz
・記録方式:MP4、8GB=約4.5H
・¥14,800(税込、送料込)2020/01/25現在

4 comments to “iPadとジャズギター vol.3 VHS教材がiPadで甦る”
  1. VHSですのでコピーガードがありますが、画像安定装置なしでコピー出来るのでしょうか。

    • 読んでいただいて、ありがとうございます。
      今回、ご報告した教材では、特に支障なくコピーすることが出来ました。ただ技術的なことは良く分からないので、詳しいことはメーカーにお問い合わせいただけますでしょうか。
      なお、ご存知かと思いますが、著作権法では、著作物に関しては、私的利用で、家庭内においてバックアップ目的などで本人がコピーする行為は許しているのですが、他人のためにコピーしたり、他人がコピーすることは禁じられているようです。本機器の利用に際しても留意が必要ですね。

  2. ご無沙汰しています。
    いい情報をありがとうございます。
    メーカーで品切れのようですが、早速予約しました。また例のセミナーでお会いできたらいいですね。

    • ご無沙汰しています。読んでくださって、ありがとうございます。実践的に曲を掘り下げてくれるらしい「ワークショップ」への参加を目論んでいるのですが、なかなか日程が合わなくて。また情報交換させてくださいませー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です