ルーパーで遊ぶ

ルーパーを使って自分の演奏を客観的に聴くと、リズムのヨレやキレなど、気を抜いた時の酷さが、あからさまに分かります。音声録音より、ギターアンプから再生される分、リアリティがある感じ。伴奏やアドリブのトレーニングに、あると便利なツールです。
元々、私が持っていたルーパーは、見た目も使い方もシンプルなtc electronic「Ditto Looper」(最長5分)です。

Ditto Looper

tc electronic「Ditto Looper」
DC9V、48 × 48 × 93mm
¥10,454(SoundHouse 2019/04/14)

ご承知の通り、最長5分の「5分」は、1曲の長さではなく、1コーラス(リードシート1巡分)の長さ。5分と聞くと、なんだか短い気もしますが、実際のところ、必要にして充分です。
このルーパーは、ミニマムで分かりやすくオススメ。ただ停止させたい時にフットスイッチをダブルタップする仕様になっています。特別難しい操作でもないのですが、ステージでの使用を考えると、余裕のない私のような輩には、若干の不安材料です。そんなことで、独立した「停止スイッチ」のあるコチラを購入してみました。

Ditto X4 Looper

tc electronic「Ditto X4 Looper」
9V DC/300mA、235 x 145 x 57mm
¥27,864(SoundHouse 2019/04/14)

わざわざSTOPスイッチ入りが売られているということは、私と同様のニーズがあるのでしょう。これでループ停止が1タップで可能となりました。また、デュアルトラック機能を備えていて、ループ1にループ2を重ねた伴奏パターンを作ったり、ループ1の後にループ2を再生させる、といったことが出来ます。
基本的な使い方は簡単。ただ見た目にツマミやスイッチが多く、難解なイメージがあるので、備忘録として下記に記しておきます。
————————-
❶ループの録音
・1または2のLOOPスイッチを1回踏み録音(赤LED点灯) 最大5分
・同スイッチを踏み停止(緑LED点灯) →そのままループ再生
❷オーバーダブ(元ループに音を重ねる)
・再生中に、そのLOOPスイッチを再び踏み録音(赤LED点灯)。
・再度LOOPスイッチを踏み録音終了。→そのままループ再生。
・再生中に1.5 秒以上ホールドで、最終テイクを消去。
・さらに1.5秒ホールドで、消去テイクが復活。
❸ループの停止
【片方だけ停止】ダブルタップ。
【両方とも停止】STOPスイッチを踏む。
❹ループ消去
【片方だけ消去】ダブルタップで停止、さらに1.5秒ホールド(音が鳴ってしまう)で消去。
【両方とも消去】STOPスイッチを1タップ、さらに1.5秒ホールド(音は鳴らない)で消去。
————————-
実は7つのエフェクトを含めて、もっと多機能なルーパーなのですが、とても私には使いこなせないでしょう(苦笑)。他にも、やるべきことが山積みだし。

まだルーパーをお持ちでないなら、シンプルなtc electronic「Ditto Looper」をオススメします。Ditto X4 Looperは多機能で悪くないですが、やっぱり大きすぎるかな。停止スイッチのついた、より簡単な「DITTO X2 LOOPER」もありますよ。

Ditto X2 Looper

tc electronic「Ditto X2 Looper」
9V、135 mm x 113 mm x 54 mm、512 g
¥20,304(SoundHouse 2019/04/14)

最近、後回しにしてきた(ギター進化に必須の)課題から逃れられない事態となり、対応に時間を割いているため、記事執筆が滞っております。進化の後には、新しい発見もあるはずなので、ボチボチと暖かくお守りください。
 
【ご案内】twitterにて記事の新着をお知らせしています。https://mobile.twitter.com/jazzguitarnote

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です